南部小TOP
 
南部の子TOP

平成28年5月

 

5月31日(火) 4年生で講師の先生による理科の公開授業が行われました
 中部大学の小笠原豊先生による、4年生の理科『物の体積と力』の楽しい授業が行われました。

 校舎3階に取り付けられた標的『ダースベーダー』に、特製空気鉄砲の弾をいかにあてるか、子どもたちは一人一回撃ってみましたが、なかなか飛びません。どうしたらもっと飛ぶのか、子どもたちは一生懸命考え始めました。

 これからの授業で、3人一組になって、試行錯誤していきます。子どもたちの頑張りが楽しみです。
5月30日(月) 校内少年の主張大会が行われ、一人一人が堂々と意見を発表しました
 校内少年の主張大会が行われ、5年生2名、6年生6名の代表児童が自分の意見を発表しました。

 学級での主張大会を経て、代表となった子どもたちは、原稿を見直したり、発表練習をしたりするなどして、この大会に臨みました。

 どの発表者も、自分の経験や体験をまじえ、現在の社会問題とつなげながら、堂々と主張を行いました。

 聴衆である4年生以上の子どもたちも、発表者の話に真剣に耳を傾けていました。そして、発表者の話を聞くことで、今の自分の生活を振り返るきっかけになったと思います。

 今日の発表者の中から、代表1名が市の少年の主張大会に出場します。

 
5月28日(土) 6月の球技大会に向けて、練習試合を積み重ねています
 6月のサッカー・バスケの球技大会に向けて、この5月は練習試合を積み重ねています。

 今日は、天王小学校を会場にして、天王小学校と北部小学校との3校で練習試合を行いました。

 子どもたちは試合慣れをしながら、今までの練習でできていること、できていないことに気づいていました。練習試合を通して、課題が見えてきたので、本番の大会に向けて、さらに努力を重ねていきます。

 また、全力プレーとともに、気持ちの良いあいさつやマナーなどにも心がけています。大会での健闘を祈ります。
5月27日(金) 6年生、修学旅行への第一歩!?家庭科でナップサック作りが始まりました
 6年生の家庭科では、『ナップサック作り』が始まりました。針や糸、ミシンを駆使しながら、修学旅行の奈良・京都自由行動で使うためのナップサックを制作中です。自由行動の途中で中身が落ちてしまわないように、しっかりと丈夫なものを作っていきたいですね。
5月26日(木) 今年度初めてのクラブが行われ、ユニークな活動が展開されていました
 5,6年生を対象としたクラブがスタートしました。今日はまだ計画を立てるクラブが多かったですが、ラグビーやカメラ、クラフト、ボードゲームやクッキングなど、楽しそうなクラブばかりです。
5月26日(木) 5年生が家庭科で『ゆで野菜サラダ』づくりに挑戦しました
 運動会もひと段落し、授業に集中する子どもたち。5年生は、家庭科で『ゆで野菜サラダ』を作りました。キャベツやブロッコリー、にんじんを切ってゆでたら、色鮮やかに盛り付けます。校長先生をゲストに招き、『校長先生顔のサラダ』をごちそうしてくれました。お手製ドレッシングもフレッシュで、美味しくいただきました。
5月21日(土) いよいよ運動会本番!南部っ子全員が全力を尽くし、一人一人が輝きました
◆開会式
 『君が流す 努力の汗で 勝利の光を つかみとれ!』のスローガンのもと、運動会がスタートしました。
 児童会を中心に担当児童が活躍しました。児童会長、選手宣誓、ラジオ体操、応援合戦と任された役割をしっかりと果たしていました。
◆各学年短距離走
 
 順位に関わらず、一人一人がゴールを目指して全力で走りきりました。
◆1・2年 リズム『ふりふり・きらきら えがおいっぱい』
 
 映画『ズートピア』の曲に合わせて、リズミカルに踊りながら、片手バランスやV字バランスなどの力技も披露。持っていたボンボンが太陽の光にキラキラ輝き、笑顔いっぱいの演技でした。
◆3・4年 リズム『よさこい』

 力強い『ソーラン節』とみよしならではの『いーじゃん踊り』の2曲を勇壮に披露。腰を落としたかまえから始まる、スピーディーな踊りと運動場に響き渡る大きな声による子どもたちの熱波が会場を包みました。
◆5・6年 スタンツ『極真』

 静と動の一糸乱れぬ演技で、美しさを極めたい、という子どもたちの真剣な思いが伝わりました。

 新技『人間起こし』にも大歓声。子どもたちがこの一ヶ月半、努力してきたことを出し切った、最高の演技でした。演技後の子どもたちの笑顔がそれを物語っていました。
◆競争遊技 ご来賓・PTA『力を合わせて大玉ころがし』

 来賓の皆様、PTAの皆様にも積極的に競技に参加していただき、運動会を盛り上げてくださいました。
◆競争遊技 祖父母・老人クラブ『息を合わせて 台風の目』

 暑い中でしたが、祖父母の皆様、老人クラブの皆様も積極的に参加してくださいました。子どもたちの応援を受けながら、チームワークのよさを見せてくださいました。
◆競争遊技 1〜3年生『親子で1・2・3!』

 各学年、親子で玉入れに挑戦!子どもたちだけで苦戦しているところへ、お家の方が参戦、一気に競技も盛り上がりました。
◆競争遊技 4〜6年生『綱引き わっしょい!』

 男女で分かれて、親子で綱引き勝負!親子で歯を食いしばりながらの、力と力のぶつかり合いの本気の勝負は見応えがありました。
◆マーチングダンス 金管バンド・バトン部 『輝け!にじいろ スマイル』

 太陽の光がふりそそぐなか、子どもたちの演奏と演技、笑顔が光り輝きました。バトン部が新たに取り入れた大型フラッグが風にたなびき、力強くも美しい演技が披露されました。金管バンド部のマーチングの動きはスピーディーで、聞かせるだけでなく見せる演奏でもありました。
◆通学団リレー

 各通学団の声援を受け、代表選手たちが全速力でバトンをつなぎました。接戦の末、男子は打越A、女子は明知上が優勝しました。
◆赤白対抗『大玉ころりん、ころころりん!』

 選手全員で競う最後の競技。自分たちの何倍もある大きな玉を、息を合わせて送ります。赤組の子どもたちが、ゴールした後も白組を応援する姿、うれしかったです。
◆赤白対抗リレー

 いよいよこれで赤白対抗の勝負がつきます。赤組・白組の代表選手が、子どもたちの応援にも後押しされ、全力を尽くして走りきりました。
◆閉会式・活躍する係児童

 今年の総合優勝は赤組でした。児童会副会長が今日の大会をていねいに振り返り、子どもたちの頑張りを上手に讃えてくれました。

 この運動会が、大きなけがや病気も無く、無事に最後まで順調に進行できたのも、選手や係の子どもたちの頑張り、PTAの皆さんのご協力があってのこと。今年は、PTAの皆さんが子どもたちのために応援席にテントも用意してくださいました。

 素晴らしい運動会になるようにと、支えてくださった皆様に感謝します。ありがとうございました。
5月20日(金) PTAの方にもご協力いただき、明日の運動会のステージができあがりました
 午前中に、PTAの皆さんにご協力いただき、運動会の準備をしていただきました。テントを立てたり、テント固定用の土嚢を作っていただいたり、万国旗を取り付けていただいたりしました。

 午後からは、5・6年生が運動場を整備したり、入退場門を立てたりするなど、会場の仕上げをしました。その後、各係の仕事の確認をするなどし、明日の本番を待つのみとなりました。

 明日の運動会、天気もよさそうです。ぜひ、ご家族でお越しいただき、子どもたちの頑張りを見て、熱い声援を送ってくただけると、ありがたいです。
5月19日(木) 運動会練習の合間をぬって、学級の少年主張大会が行われています。
 運動会練習真っ盛りですが、高学年では各学級で少年の主張大会が始まっています。

 日頃の生活を振り返り、今自分が一番思っていること、考えていることを文章にまとめ、みんなに発表していきます。子どもたちは、家族について、自分の夢について、あいさつについてなど、子どもならではの視点から主張をします。

 聞き手の子どもたちも、メモを取りながら、友達の主張に真剣に耳を傾けていました。
5月18日(水) 金管バンド・バトン部の子どもたちも運動会での演技発表をめざして頑張っています
 運動会当日、金管バンド部とバトン部の演技発表が午後から行われます。その発表に向けて、南小タイムなどを利用して、子どもたちは練習に励んでいます。

 力強くテンポの良い金管バンド部の演奏と、新しくフラッグを導入し、元気な笑顔がはじけるバトン部の演技は見所いっぱいです。

 当日の発表は、当日午後1時からを予定しています。ぜひご覧ください。
5月16日(月) 児童会からスローガンも発表され、運動会の練習にもさらに熱が入ってきました
 子どもたちから募集し、児童会でまとめた運動会のスローガンが発表されました。

 本年度のスローガンは、『君が流す 努力の汗で 勝利の光を つかみとれ!』となりました。子どもたちの今までの運動会練習における努力が伝わってくる、すてきなスローガンだと思います。

 そのスローガンを受け、入場行進や開会式、学年演技練習に熱が入ってきた子どもたちです。高学年の組体操では、新しい技を披露するため、練習を重ねています。

 今週、疲れのピークもやってくると思うので、心と体のコンディションを整えて、運動会当日を迎えてほしいと思います。
5月13日(金) 1・2年生がさんさんの郷の畑で、さつまいものつるさしを行いました
 五月晴れのもと、1・2年生の子どもたちがさんさんの郷に出かけ、借りている畑でさつまいものつるさしを行いました。

 子どもたちは、畑の土にまみれながらも、つるの向きに気をつけて、ていねいに植えることができました。

 これから定期的に畑へ出かけ、草取りや水やりを行い、秋のさつまいもの収穫をめざします。大きくて甘いサツマイモがたくさん採れるといいですね。
5月12日(木) 第1回家庭教育学級が行われ、写真家の方から写真撮影のコツを教わりました
 第1回の家庭教育学級が開催され、写真家のにしぐちきょうへいさんを講師にお招きし、写真撮影の基礎・基本を教えていただきました。

 学級生の皆さんは、撮影時の構図やアングル、ライティングなどについて、熱心にお話を聞き、用意してきた被写体を実際に撮影しました。

 にしぐちさんにアドバイスを受けながら、皆さん夢中になってシャッターを切っていました。最後には記念撮影までしてくださいました。
 
 運動会では、今日学んだことを生かして、子どもたちの輝く姿をばっちり撮影していただければと思います。
5月11日(水) おはなし会『みなみ』による、今年度初めての読み聞かせ活動が行われました
 おはなし会『みなみ』の皆さんによる、今年度初めての読み聞かせ活動が行われました。

 各学年にあわせて、『みなみ』の皆さんがとっておきの本をセレクトし、楽しく読み聞かせてくださいました。

 子どもたちは、時には笑ったり、時には大きくうなずいたりしながら、お話に真剣に耳を傾けていました。次の読み聞かせが今から楽しみな子どもたちです。おはなし会『みなみ』の皆さん、本年度もよろしくお願いいたします。
5月10日(火) 福祉委員会の子どもたちが『熊本地震支援募金』を実施中です
 福祉委員会の子どもたちの、「熊本・大分地震で被災した方々の少しでも力になりたい」という強い願いをもとに、月曜日から支援募金を始めました。

 子どもたちは、毎朝、昇降口で呼びかけをしながら、募金をしてくれた子どもたちに感謝の思いを伝えています。募金をした子どもたちは、電子黒板に流れる映像を真剣に見つめながら、募金に思いをこめていました。

 募金は、12日(木)まで行っています。皆さんのご協力に感謝します。

 
5月9日(月) 運動会に向け、低学年・中学年の演技練習にも熱が入ってきました
 1.2年生は、映画『ズートピア』のテーマソング『トライ・エヴリシング』に合わせて力強くも楽しいダンスを、『アロハ・エ・コモマイ』に合わせて振り付けがユニークな楽しいダンスを踊っています。途中、肩倒立やV字バランスなどの力技もなども披露します。

 今後、動きをそろえたり、隊形を変えたりして、完成を目指します。
 3・4年生は、『ソーラン節』と『いいじゃん踊り』の2曲を披露します。『』ソーラン節』は、スピーディーかつ力強い演技で、子どもたちの元気の良い声も見せ所です。しっかりと腰を落とし、辛い姿勢ではありますが、1曲踊る度に上達し、子どもたちも練習を楽しみにしています。

 本番では、元気で力強い、さらには3・4年生の動きがそろった演技になることを楽しみにしています。
5月8日(日) 青空のもと、南部小コミュニティ打越行政区で『ウォークラリー』が行われました
 五月晴れのもと、打越行政区主催の『ウォークラリー』が行われました。南部小の子どもたちは、いいじゃん踊りのアピールをしたり、積極的にラリーに参加したりしました。本校卒業生の南中3年生の皆さんも、チェックポイントなどで運営のお手伝いをしていました。
 
 開会式では、来賓の山内議員さんが南部小・南中のあいさつ運動にふれ、「今日はみんなであいさつを交わし、顔見知りになる機会にしましょう」と話してくださいました。

 その後、南部小前のチェックポイントでは、南部小の子どもや地域の皆さんが積極的にあいさつをされる姿も見られ、改めて本校学区の皆さんのあたたかさを感じることができました。
5月6日(金) GW明けでも、5・6年生が真剣味あふれるきびきびした組体操を作っています
 GWの連休明けではありましたが、どの学年も運動会の練習に真剣に取り組んでいました。

 なかでも5・6年生の組体操は、緊張感あふれる、きびきびとした動きが、演技の見せ場となっています。10人技まで進み、いよいよ来週から運動場での練習となります。
5月2日(月) 赤十字社の方を講師にお迎えし、教職員向けの心肺蘇生法講習会を行いました
 水泳授業の時期を前に、赤十字社の方による職員向けの心肺蘇生法講習を行いました。
 
 講師の方は、昨日まで熊本県で被災者対応にあたって見えた方で、心臓マッサージ、人工呼吸、AED使用法、三角巾の使い方などを通して、一人でも多くの方の命を救うという、この講習の意義を伝えてくださいました。

 教職員一同、子どもたちの安全確保に向けて、最大限の努力をしていきたいと思います。

 
5月2日(月) 市内小中学校合同で『引き渡し訓練』を実施しました
 市内の小中学校合同で、東海地震注意情報発令を想定した、『引き渡し訓練』を行いました。

 子どもたちは、避難訓練と同様に真剣に訓練に取り組み、落ち着いて行動し、運動場まで移動しました。

 保護者の方も、迅速にお迎えに来ていただき、運動場に待機してくださいました。その後、引き渡しもスムーズに行われました。

 実際に注意情報が発令されたら、子どもたちが学校にいるときに地震に遭ったらなど、あらゆる場面を想定して、減災に努めていきたいと思います。