南部小TOP
 
南部の子TOP

南部の子平成27年10月

 

10月30日(金) 学芸会に向けて、各学年の練習に熱が入ってきました
 11月21日の学芸会に向けて、各学年の練習が本格的に始まりました。本年度も、1・3・5年生が合唱と合奏を行い、2・4・6年生が劇を演じます。

 子どもたちの歌声も徐々に大きな声から美しく響く声に成長しています。練習にも熱が入り、授業時間だけでなく休み時間にも練習をする様子がたくさん見られるようになってきました。

 劇も台本に沿って演じるだけでなく、そこに子どもたちのアイディアが加わり、見応えのあるものになってきています。

 本番での子どもたちの生き生きと輝く姿が今から楽しみになってきました。
10月27日(火) 愛知県内の英語の先生方が、5・6年生の外国語の授業参観にみえました
 午後から、愛知県英語教育研究大会があり、5年2組と6年2組が公開授業を行いました。いつもどおりの、笑顔と活気あふれる授業を大勢の皆さんに見ていただきました。
 いつも担任の先生と力を合わせて子どもたちのために楽しく学べる授業をしてくださる、ALTの先生、補助の先生、ボランティアの先生方、ありがとうございます。
10月26日(月) 後期児童会・委員会・学級委員の任命式があり、気持ちを新たにスタートしました
 後期の児童会役員、委員会委員長・副委員長、学級委員の任命式がありました。子どもたちの気持ちのこもった返事に後期にかける思いが伝わってきました。

 前期の児童会役員がこの6か月間を振り返り、お礼の言葉を述べた後、新役員が後期の意気込みをしっかりと語りました。
10月25日(日) 秋晴れのもと、各地区で秋の祭礼があり、子どもたちが頑張っていました
 雲ひとつない秋晴れのもと、明知上、明知下、打越の各地区で秋の祭礼が盛大に行われました。

 南部小の子どもたちも、お囃子や太鼓、巫女の舞などで活躍し、日頃の練習の成果を発揮していました。各地区の伝統的な芸能文化を引き継ぐ姿に頼もしさを感じました。
10月22日(木) 第2回学校保健委員会が行われ、元気な体を保つ秘訣を教えていただきました
 あいち健康の森健康科学総合センターの石川裕哲先生を講師にお迎えし、『元気な体を保つために〜運動の大切さ・けがの予防〜』と題し、講演をしていただきました。

 前半は、南部小児童の生活習慣調査をもとに、睡眠の大切さについてお話いただきました。

 後半は、けがの予防にもなるストレッチの仕方や準備運動の仕方を実演をしながら教えてくださいました。

 今後、体育や部活動に取り組むときに、ストレッチなどを行い、自分で体のケアをしていけると良いですね。
10月22日(木) 授業参観にお越しいただきありがとうございました
 10月の授業参観を実施したところ、たくさんの保護者の皆様にお越しいただきました。

 各教科や道徳、生活科や学活など、それぞれの場面で子どもたちの頑張る姿を見ていただきました。お忙しいなか、足を運んでくださりありがとうございました。
10月21日(水) 1年生が三好特別支援学校の友だちと『なかよし交流』をしてきました
 1年生の子どもたちが、三好特別支援学校に行き、小学部の子どもたちと『なかよし交流』を行ってきました。

 『台風の目』や『バルーン遊び』をいっしょに行い、声をかけ合いながら、楽しい時間を過ごしました。

 開会行事や閉会行事で、しっかりとあいさつをし、お話をすることができました。2年生でまた特別支援学校の友だちに会える日が今から待ち遠しいですね。
10月19日(月) 豊田警察署の方を講師に招き、不審者を想定した防犯訓練を行いました
 豊田警察署生活安全課の方を講師にお招きし、不審者侵入を想定した、防犯訓練を実施しました。

 警察署の方が不審者役となり、中庭から教室へ侵入しようとしたところを、さすまたなどを使いながら取り押さえ、安全が確保された後、全校児童が体育館に避難しました。その後、警察署の方に講評をしていただき、防犯の約束『つみきおに』について話をしていただきました。

 その後の教員研修で、訓練の反省を行い、より安全な不審者対策について、話し合いました。さすまたの使い方も教えていただき、いざというときのために備えました。
10月18日(日) 三好さんさんフェスティバルが開催され、本校児童も参加、発表しました
 三好さんさんスポーツクラブ主催のフェスティバルが開催され、本校の子どもたちがズンバやサーキットゲームなどに参加しました。

 また、ヒップホップダンスとキラポンダンスの発表もあり、笑顔いっぱい元気なダンスを披露しました。
10月16日(金) コロンバス市との交流でシンディ・ワース先生が来校されました
 コロンバス市教育親善大使のシンディ・ワース先生が来て下さいました。

 1年生との交流では、1組がけん玉と折り紙、2組がおはじきとこま回しをいっしょに行い、日本の遊び・文化を味わっていただきました。

 その後、「シンディ先生ようこその会」と称して、体育館で4〜6年生との交流会を行いました。シンディ先生からコロンバス市の様子をスライドで紹介していただき、お礼にみんなで『少年時代』を歌って贈りました。

 お昼には、3年生の子どもたちと給食を食べていただき、たくさんお話をしていただきました。

 短時間ではありましたが、子どもたちが笑顔であいさつをしたり、お話ししたりするなど、シンディ先生との交流を深めることができました。
10月15日(木) 3年生の子どもたちが、栄養教諭の方から栄養指導授業を受けました
 3年生を対象に、みよし市の栄養教諭の皆さんによる栄養指導授業が行われました。

 今日の給食をもとに、赤・緑・黄色に食べ物を分け、バランスよく食事を取ることの大切さを教えてくださいました。その後、子どもたちといっしょに給食をとっていただき、子どもたちの会食の様子を知っていただきました。
10月14日(水) 東日本大震災語り部の方のお話に、5年生の子どもたちが真剣に耳を傾けました
 東日本大震災の津波で大きな被害を受け、語り部として活動してみえる福島県相馬郡在住の村上さんから、5年生が貴重な体験談をお聞きしました。

 その時何が起こったか、その後どのように対応し、どんな避難生活を送られたか、どんな思いであったか、スライド写真をまじえてお話していただきました。最後には、震災時の漁師の立場から語られた紙芝居を実演していただきました。

 子どもたちは、村上さんのお話に真剣に耳を傾け、震災の恐ろしさとともに、命の大切さを実感していました。今後、子どもたちが村上さんの思いを受け止め、命を守る防災・減災への意識を高めていってくれることを期待しています。
10月14日(水) 後期最初の『おはなし会みなみ』の皆さんによる読み聞かせがありました

  『おはなし会みなみ』の皆さんによる、月に一度の読み聞かせを実施していただきました。
 
 子どもたちは、本を食い入るように見つめながら、読み手の方のお話に耳を傾けていました。『みなみ』の皆さんのおかげで、子どもたちの本好きが高まっています。
10月13日(火) 後期がスタート!学習に、行事に子どもたちの活躍が楽しみです

 後期が始まりました。始業式では、5・6年生が厳かな雰囲気をつくり、下級生たちもその空気を大切にして、集中して式に臨むことができました。

 校長先生からは、ラグビー日本代表の五郎丸選手のことばをもとに、「目標をもつこと」「自分の役割をもち、責任をもって果たすこと」「ものを大切にすること」についてお話がありました。
 はつらつとした校歌の声を聞き、子どもたちの後期の頑張りが楽しみになってきました。
10月9日(金) 前期の締めくくりの終業式、この半年間、6年生を中心に頑張ってきました!
 前期の締めくくり、終業式が行われました。6年生がリードしてつくった厳かな雰囲気のなか、児童会会長が前期の振り返りと後期への抱負をしっかりと発表しました。
 校長先生のお話の後、士別市派遣の4名の子どもたちの報告会が行われました。

 それぞれのテーマにそって、調べたことやわかったこと、感じたことや思ったことなどを、堂々とわかりやすく、全校のみんなに伝えました。
 教室にもどったら、担任の先生から通知表を渡されました。そこには、どこを頑張ったのか、何が伸びたのか、これから何に力を入れて取り組むとよいのかなど、担任の先生からのメッセージがこめられています。

 それらをもとに後期の目標を考え、三日後の後期のスタートに向けて準備をしていきましょう。
10月7日(水) 6年生 修学旅行二日目は奈良を訪ね、無事に帰校しました
 旅館をあとにバスは奈良に。東大寺に到着し、奈良の大仏様とご対面。

 通勤ラッシュのような人混みに驚きながらも、グループ写真を撮影。その後、奈良公園界隈で班別行動をし、たくさんの鹿たちと戯れました。

 若草山に集合後、晴れ渡った空をバックに学年で記念撮影。そして最後の目的地法隆寺へ。
 法隆寺に到着後昼食をとり、その後、法隆寺の五重塔や大講堂、大宝蔵院などを見学しました。

 バスガイドさんが図版を使ってわかりやすく説明をしてくださり、子どもたちも真剣に耳を傾けていました。子どもたちは、様々なものを見たり聞いたりするなかで、歴史の重さや当時の空気を感じていました。
 いよいよ帰路に着き、学校へ向かいました。学校では校舎の電灯が明るく灯り、お家のかたがた、先生方があたたかくお迎えしてくださいました。

 子どもたちにとって、日本文化を肌で感じ、友達との絆を深め、感謝の思いあふれる、最高の修学旅行となりました。
10月6日(火) 6年生 修学旅行一日目は京都を訪ねました
 テーマ『深めよう 感じよう 日本の歴史と仲間との絆』
 
 早朝7時、保護者の方に見送られ、6年生全員が京都に向けて、出発しました。
 
 お昼には清水寺に到着し、舞台等を見学しました。子どもたちはどんな願い事をしたのでしょうか。 
 昼食後、いよいよ京都市内班別タクシーグループ活動です。4〜5人のグループに別れ、自分たちの計画にそって、運転手さんがタクシーで回ってくださり、現地ガイドまでしてくださいました。
 
 金閣寺に二条城、竜安寺に東寺など、見所満載の活動に子どもたちも胸を躍らせていました。
 京都の『さと茂旅館』に集合後、ボリュームたっぷりの夕食をとりました。

 そして、楽しみにしていた京漆器の加飾体験。黒漆が塗ってある小箱や写真立てに、特別な絵の具で色をつけていきました。金や銀を加えるのが特徴で、出来上がった作品はどれも煌びやかで美しいものとなりました。京都の伝統工芸を味わいつつ、思い出に残るお土産ができました。
10月5日(月) 給食委員会が劇を通して『好き嫌いをせずに食べよう』とアピールしました
 朝会の時間、給食委員会が、『好き嫌いせずに食べよう』と、バランスのよい食事のとり方について劇発表を行いました。

 子どもたちの嫌いな野菜ワースト4が発表され、それらを肉などと一緒にバランスよく食べることが大切だということを、給食委員会がアピールしました。

 給食でも、おうちでの食事でも、子どもたちがこの集会の話を思い出しながら、野菜を積極的に食べるようになることを期待しています。
10月2日(金) 5年生が校外学習で『リトルワールド』へ行き、いろんな国について学びました
 秋晴れのここちよい風が吹くなか、5年生が校外学習で『リトルワールド』へでかけました。

 最初に全員で「アメリカインディアンの砂絵」を創作した後、世界のサーカスを見て楽しみました。

 午後は、班別で事前にセレクトした国のブースへ行き、その国ならではの体験や試着、飲食をしました。

 さまざまな外国の文化にふれ、その国の特徴を理解する、良い機会となりました。

 
10月1日(木) 『南小交流会』を通じて、1〜6年生の仲が深まりました
 南小タイムと3時間目を使って、交流・広報委員会主催の南小交流会が行われました。

 南校舎・北校舎の教室や廊下・体育館を使って、委員会が考えたゲームやクイズが行われました。それらを、35の縦割りグループがスタンプラリーをしながらまわっていきました。

 各学年対象のクイズや人間知恵の輪、紙玉大砲、フラフープ送り、積み木や豆つかみ、机ぶらさがりや大縄跳びなど、みんなで協力してクリアしようと頑張っていました。

 初めて話をした子もいましたが、上級生が下級生をリードしながら、相談をしたり、活動をしたりしました。最後は班のみんなと握手をして終わりました。1〜6年生の仲がよりいっそう深まる良い機会となりました。