南部小TOP
 
南部の子TOP

南部の子平成27年1月

  1月22日 スピーチ
     毎週木曜日の給食の後は、15分間の「スキルタイム」が設けられています。そのうち、第2,3,4木曜日は、「聞くこと」のスキルを高めるためにスピーチを行います。
 この日も、各学級で活発にスピーチが行われました。
 「和菓子と洋菓子」「かばんとランドセル」など2種類のものを比較して、それぞれのよさを聞きあうスピーチを行っている学級がありました。
 グループごとにスピーチを行う学級もありました。
 1年生では、国語で学習したことを生かして、動物クイズを行っていました。一人の子が考えたヒントを真剣に聞いていました。
  
   
 1月21日、23日、26日 ウサギのえさやりキャンペーン by 飼育委員会
      飼育委員会の企画で行われた「ウサギのえさやりキャンペーン」。学校で飼育しているウサギのロンちゃんに、全校のみんなが親しめるようにと企画されました。
 21日は、1年生と6年生に割り当てられた日でした。いつもは飼育小屋に入っているウサギを、中庭につれてきて、みんなでえさをやっていました。
 1月20日 授業参観
     


    今年度最後の授業参観に、寒い中、大勢の保護者の方にお越しいただき、ありがとうございました。
 


 1年生は、1時限目、こま回し大会を行いました。冬休み中や、休み時間に一生懸命練習した成果を発揮していました。2時限めは学活。「ふわふわ言葉」と「ちくちく言葉」について考えました。隣りの子と教えあう場面も見られました。
 



 2年生は、1時限目、道徳を行いました。「ぼくのたんじょう日」という資料を用いて、命の大切さについて考えました。2時限めは、体育でマット運動を行いました。「カエルジャンプ 」や「ブリッジ」などの準備運動の後、前転と後転に取り組みました。






 3年1組では、1時限目、道徳で、まどみちお作「朝が来ると」の詩を資料として、みんな、いつも誰かに支えられて生きていることについて考えました。2組では学活を行いました。グループで、問題を解きながら、互いに伝え合い、力を合わせることを学びました。2時限目は、3年生2クラスとも国語科「俳句に親しもう」の学習をしました。真剣に俳句作りに取り組む姿が印象的でした。2時限目は、国語で俳句を作りました。どんな季語を入れようか、どうしたら17文字で表現できるのか、一生懸命考え、真剣に書く姿が印象的でした。

 4年生は、1時限目、総合的な学習で、「10年後の自分との約束」として、家族への10年間の感謝の気持ちと、10年後のこうありたい自分の姿を短冊に書いて、家の人に伝えました。発表する子どもたちも、それを聞く家の人も涙ぐむ場面がありました。2時限目は、4の1では百人一首を行いました。4の2、4の3では算数で分数の学習を行いました。







 
 5年生は、1時限目、算数「順々に調べて考えよう」の学習を行いました。段の数が増えると、使うひごの数がどう増えるか、表からきまりを見つけ、伝え合いました。ひとつの表から、さまざまなきまりが出てきました。みんなで学習することの良さです。2時限目は、ストレスを上手に解消する方法について考えました。

 6年生は、1時限目、社会科で大塚界雄さんについて発表しました。学校の敷地内や学区内にある多くの石碑。そこに書かれていた、大塚界雄氏の偉業。そこから関心を抱き、これまで、社会化の授業で氏について学習してきました。そのまとめの発表会です。これまで、調べ学習や話し合い活動、大覚寺の住職さんをゲストティーチャートして招いての授業に真剣に取り組んできた子どもたちです。自信を持って堂々と発表しました。2時限目は、「見つけよう 今の自分 未来の自分」として、将来の夢とそれを実現するためにがんばることを発表しました。これまでにさまざまな学習で関わってきた多くの方々がいます。キャリア教育の一環として、その方々に職業についての思いなどを聞き、自分の将来について考えてきました。それらのまとめとしての発表です。

 4組では、2時限目、算数の学習を行いました。「魚釣りゲーム」を通して、たしざんや、かけざん、の学習に楽しく取り組みました。魚を描いた紙の裏に得点が記されています。それをかけたりたしたりして得点を競います。家の人と得点の競争をして、一喜一憂する姿はほほえましかったです。

 5組では、1時限目、算数の学習をしました。テーマは「おいしいおなべを作ろう」。冬休み中に食べた鍋料理を思い出し、新聞の折り込みチラシに書かれた食材から、好きな写真を切って、各自が思い思いに画用紙に描かれた鍋に貼りました。その後、合計金額を計算しました。高学年の子どもたちは、家族一人当たりの費用も計算しました。消費税を入れた金額を計算した子もいます。おいしそうなおなべ作りを通して、算数の学習をしました。     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 1月20日 た、た、大変です! 南部小学校に「あいさつ妖怪」現れました!!
      この日の朝から、南部小学校にあいさつ妖怪「コエダセーン」が出没しました。この妖怪にとりつかれると、あいさつの声が出せなくなってしまいます。
 みんなで、元気よくあいさつをして、妖怪「コエダセーン」を追い払おう!
 児童会の役員を中心として、あいさつの元気な声が響いていました。
  1月19日 朝会
     この日の朝会は、かぜやインフルエンザの感染を防ぐため、全員がマスクを着用して行われました。
 体育委員会からは、大縄跳び大会の方法について説明がありました。大縄跳び大会は、1月29日と2月12日に、学級対抗で行われます。
 生活委員会からは、運動場で遊んだ後のボールの片付けについての話がありました。生活委員会が中心となってボールの片づけを呼びかけたところ、出しっぱなしのボールが減ったという報告でした。今後、廊下を走らないようにするよう、働きかけていくという連絡もありました。
 児童会役員からは、「あいさつレンジャー」の活動をする予告もありました。
 それぞれの活動が楽しみです。 
   
 1月8日 避難訓練 
      この地方を震度5弱の地震が襲ったという想定で、避難訓練を行いました。
 緊急地震速報の設備を使っての訓練です。けたたましいブザーが鳴ると、子どもたちは緊張した様子で机の下にもぐりました。その後、運動場へ避難しました。
 阪神淡路大震災から20年となる今年、あの時の教訓を無駄にすることなく、非常時に備えたいものです。
  1月7日 冬休み明けの集会
 冬休みが終わり、久しぶりに、元気の良い子どもたちの声がもどってきました。

 この日の朝、「冬休み明けの集会」が行われました。
 1年、3年、5年の代表児童が、それぞれ今年の目標を堂々と発表しました。

 その後、校長先生の話を聞きました。校長先生からは、「これまでに話してきた『早寝・早起き・朝ごはん』と『目標を持って生活しましょう』に加えて、『ひとつ上の学年に上がる準備をしましょう』」という話を聞きました。
 6年生は、4月からは中学生。5年生は、4月から最高学年、1年生は学校の中でお兄さん、お姉さんになります。そのときのために今からできることを見つけて実行できるといいですね。
 
   
  1月7日 校内書き初め大会
     1、2時間目、校内書き初め大会が行われました。

 1,2年生は、硬筆に取り組みました。お手本をよく見て、力強く書いていました。

 3年生は、初めての毛筆での書き初め大会。「大きい力」の4文字をのびのび書いていました。

 4年生は「共に歩む」、5年生は「科学の光」、6年生は「少年大志」の文字を真剣に書いていました。

 どの子も、12月の書写の授業や、冬休みの宿題で練習した成果を発揮しようと、一生懸命取り組んでいました。