南部小TOP
 
南部の子TOP

平成29年3月

3月24日(金) 各学年、一年を締めくくるにふさわしい素晴らしい姿で修了式を迎えました
 本日、3月24日、春のやわらかな陽射しが降り注ぐなか、平成28年度の修了式が行われました。

 最初に,校長先生から各学年に修了証が手渡されました。各学年とも大きな返事をし、堂々とした姿で修了したことを認めていただきました。

 次に、みなみ賞、博士賞、皆勤賞の表彰がありました。受賞者を含め、この一年の一人一人の頑張りが、修了式の様子に現れていました。背筋を伸ばし、集中して真剣に話を聞く姿も、とっても清々しかったです。

 最後に校長先生から、12月にお話があった各学年を象徴するカラーをもとに、この一年間の成長について、お話がありました。

 教室にもどって、担任の先生から一人一人に通知表が渡されました。先生から励ましのことばをもらった子どもたちは満面の笑みを浮かべ、次の学年に向けて頑張っていくことを確認しあいました。

  この一年間、本校の教育活動にご理解・ご協力をいただき、ありがとうございました。また、この『南部の子』を見て、励ましの声をいただきありがとうございました。


 来年度も、南部小の子どもたちが笑顔で過ごせるよう、職員全員で努力していきます。よろしくお願いいたします。
3月22日(水) 2年生が生活科の発表で、『自分発見発表会』を行いました
 2年生の生活科の学習のまとめとして、保護者の方をお招きして、『自分発見発表会』を行いました。

 一人一人がこの1年間でできるようになったことや、頑張ったこと、上達したことなどを、みんなの前で披露しました。

 音読や鍵盤ハーモニカの演奏、縄跳びや大縄跳び、九九の暗唱や歌、跳び箱やマット運動、馬とびやサッカーなど、バラエティにとんだその子の持ち味を発揮する発表でした。最後に、『ビリーブ』の合唱、全員ダンスなどもはさみながら、楽しい時間を過ごしました。

 保護者の方も発表をあたたかく見守っていただきました。休憩の時には、お子さんといっしょに自分発見ノートを見ながら語り合うなど、貴重な時間を過ごしていただきました。保護者の皆様、お忙しい中ご参観いただきありがとうございました
3月15日(水) みんなの思いあふれる卒業式。最高の笑顔で卒業生が旅立ちました
 おだやかな春の日の今日、平成28年度卒業証書授与式が挙行されました。

 厳かな中にもあたたかい雰囲気の会場は、卒業生をお祝いする思いにあふれていました。

 拍手で迎えられるなか、凛とした卒業生が入場。国歌斉唱の後、卒業証書が授与されました。

 最初の児童の素晴らしい返事で始まり、全員が校長先生と目を合わせながら立派に証書を受け取りました。

 校長先生の式辞では、卒業生の『心をこめて裏方に徹する姿』にふれ、中学校でも自分のカラーを発揮して頑張ろうと、エールが送られました。

 教育委員会から記念品が贈られた後、教育長職務代理者の方、市議会議員さん、PTA副会長さんから、心のこもったお祝いのおことばをいただきました。

 在校生からのお祝いのことばでは、学年ごとに子どもたちが6年生との思い出を語り、思いをこめて「空より高く」を全力で歌いました。

 そしていよいよ卒業生によるお別れのことば。この6年間の思い出を語りつつ、お世話になった皆さんへの感謝と、中学生でも頑張っていくという決意を、涙ながらに大きな声で伝えました。最後に万感の思いをこめて、「変わらないもの」を歌いました。

 門送りでは、バトン部・金管バンド部の演奏をバックに、在校生が作った華やかなアーチの道を、お家の方といっしょに笑顔で歩いていきました。

 卒業生をはじめ、皆さんの思いがあふれる、あたたかな式となり、南部小・南部小学区の良さをあらためて感じました。保護者の皆様、6年間ありがとうございました。

 中学校でも、大きく羽ばたけ、南部っ子!
3月15日(水) 明日はいよいよ卒業式、5年生がフル稼働で晴れの舞台を用意してくれました
 卒業式を明日に控え、5年生が式の準備を行いました。体育館はもちろん、外回りや昇降口、6年生の教室などを手分けして、てきぱきと準備を進めました。

 「明日の卒業式が、6年生にとって最高の思い出となるように」と願いながら、5年生の子どもたちは黙々と働いていました。明日が楽しみです。
3月14日(火) 1年生と5年生がいっしょに体育の授業を行いました
 先週、1年生の体育でなわとびのテストを行いました。1年生同士では、なかなか正確に跳んだ数が数えられなかったため、5年生が応援にかけつけ、カウントしてくれました。

 1年生が跳んでいるとき、5年生は数えるだけでなく、「がんばれ!」と声援を送っていました。思いがけず、縦割り交流の良い機会となりました。 
3月13日(月) 6年生から在校生へ、手作りの卒業記念品が渡されました
 卒業式の練習後、卒業する6年生から在校生へ、手作りの卒業記念品が贈られました。

 今年度は、6年生が各教室の扇風機カバーを刺繍入りで作成しました。暑さがやってくるまで、扇風機はこのカバーをまとって一休みです。卒業生の皆さん、ありがとう。大切に使わせてもらいます。
3月10日(金) 年度末の大掃除、お世話になった教室を隅々まできれいにしました
 年度末の大掃除が始まりました。子どもたちが一年間お世話になった教室や廊下を、感謝の気持ちをこめて、いつもより長く大掃除に取り組みました。

 作品を掲示からはずしたり、教室の床やドアレーンの水拭き、自分が使ってきた椅子や机の脚ブーツ拭きをしたりするなど、次の人が気持ちよく使えるよう、一生懸命に掃除をしました。
3月8日(水) おはなし会「みなみ」の本年度最後の読み聞かせ、6年生は感動的な『特別版』でした
 おはなし会「みなみ」の皆さんによる読み聞かせも、今日が本年度最後でした。

 特に6年生は音楽室で合同特別版の読み聞かせをしてくださいました。国語の授業で習った物語メドレーなど、6年間の思い出がつまった、この学年ならではの演出がたくさん盛り込まれいました。最後は校長先生も加わり、『ひまわりの約束』を子どもたちに贈りました。

 子どもたちも様々な場面を思い出しながら、真剣に耳を傾けていました。子どもたちへのあたたかいメッセージがこもったステージに、胸が熱くなりました。

 一年間、南部小の子どもたちのために入念な打ち合わせをし、充実した読み聞かせをしてくださったみなさん、ありがとうございました。おかげで子どもたちは、ますます本好き、読書好きになりました。

 どうぞ、来年度もよろしくお願いいたします。
3月7日(火) 1年生の子どもたちが、この冬頑張った縄跳びで腕試し
 1年生が2クラス合同で、この冬に取り組んできた縄跳びの集大成ということで、記録会を行いました。

 3人一組でグループを作り、一人が跳んでいる時に二人が数えます。30秒で90回近く前跳びができた子もいました。どの子も自己ベストを目指して一生懸命に取り組みました。
3月6日(月) 卒業式に向けて、6年生・在校生の練習が始まりました
 16日の卒業式に向けて、まずは6年生が、続いて在校生が練習を始めました。

 卒業を祝う会で、それぞれの立場で卒業式への思いを高めた子どもたち。最初の練習から、緊張感をもちながら真剣に取り組む子どもたちの姿がありました。5年生がお手本を示し、1年生もしっかりとした姿勢で練習に臨んでいます。

 まだまだ心配なのがインフルエンザ。式当日に全員が参加できるよう、今から体調を整えていきたいと思います。
3月2日(木) 各学年の持ち味発揮!6年生に心をこめて『卒業を祝う会』を行いました
 1〜5年生の子どもたちが、心をこめて作ったお祝いの飾りが体育館を彩るなか、6年生が花の虹をくぐり、拍手に迎えられて入場。『卒業を祝う会』の始まりです。
 1年生の出し物は、6年生への思いを込めた呼びかけと、校歌による全力応援。元気な歌声とメッセージが体育館中に響きました。
 
 2年生の出し物は、6年生と一緒に運ぶ、ボール渡しゲーム。2年生と6年生が仲良くチームを組んで1列になり、ボールを一往復。6年生と笑顔を交わす、楽しい時間を過ごしました。
 3年生の出し物は、ウルフルズの応援歌『ええねん』。たくさんのボーカルとギタリストが登場、「ええねん!ええねん!」と6年生を励まし、大きな歌声とパフォーマンスで会場を大いに盛り上げました。

 4年生の出し物は、『世界に一つだけの花』。6年生が学芸会や様々なシーンで歌ってきたこの曲を、4年生が元気な声で歌い、6年生へのエールを送りました。
 最後は5年生。5年から6年生への挑戦状には、『全力じゃんけん列車で勝負』の文字。先生方を巻き込みながらジャンケン列車は白熱、最後は5年列車が勝ちましたが、6年生への大声援に会場は熱気ムンムンでした。

 その後、6年生の思い出のスライドが流され、数々のなつかしい場面に子どもたちは釘付け。お世話になった先生のメッセージと『恋』ダンスビデオには、6年生へのお祝いの気持ちが込められていました。
 最後は、6年生からの贈り物。まず、手作りの扇風機カバーが手渡されました。その後、各学年へメッセージを贈りながら、『風が吹いている』を合唱し、感謝の気持ちを在校生に伝えました。

 5年生を中心に心あたたまる会を作り上げてくれました。6年生もさりげなく気を使い、各学年の出し物を盛り上げてくれました。
 
 退場の時には想いがこみ上げてきて、目に涙を浮かべながら退場する6年生の姿もありました。互いを思いやる、心あたたまる会となりました。
3月1日(水) 金管バンド・バトン部6年生が『卒業コンサート』でラスト公演!
 3月に入り、卒業まで2週間足らず。金管バンド・バトン部の6年生が 『卒業コンサート』で最後の演奏・演技を披露しました。

 金管バンドで『SUN』を、バトン部で『NAVIILLERA』を、合同で『恋』を演奏しました。

 ソロもかっこいい 『SUN』はさすがの安定感、『NAVIILLERA』と『恋』は新曲にもかかわらず、演奏もダンスもノリノリ。集まったたくさんの観客の手拍子に乗って、会場も大いに盛り上がりました。二つの部の煌く姿は後輩たちに受け継がれていきます。