南部小TOP
 
南部の子TOP

平成28年9月

9月29日(木) 6年生 修学旅行二日目は奈良を訪ね、全員、無事に帰校しました
 旅館をあとにバスは奈良に。東大寺に到着し、奈良の大仏様とご対面。

 通勤ラッシュのような人混みに驚きながらも、グループ写真を撮影。その後、奈良公園界隈で班別行動をし、たくさんの鹿たちと戯れました。

 興福寺の五重塔の前で集合後、最後の目的地法隆寺へ。
法隆寺に到着後昼食をとり、その後、法隆寺の五重塔や大講堂、大宝蔵院などを見学しました。

 バスガイドさんが図版を使ってわかりやすく説明をしてくださり、子どもたちも真剣に耳を傾けていました。子どもたちは、様々なものを見たり聞いたりするなかで、歴史の重さや当時の空気を感じていました。
いよいよ帰路に着き、学校へ向かいました。学校では校舎の電灯が明るく灯り、お家のかたがた、先生方があたたかくお迎えしてくださいました。

 子どもたちにとって、日本文化を肌で感じ、友達との絆を深め、感謝の思いあふれる、最高の修学旅行となりました。
9月28日(水) 6年生が待ちに待った修学旅行。一日目は京都の歴史と文化にふれました
 テーマ『深めよう 仲間との絆感謝を忘れず 最高の修学旅行』を掲げ、二日間の修学旅行が始まりました。
 
 天候が心配される中、早朝7時、保護者の方に見送られ、6年生全員が京都に向けて、出発しました。
 
 お昼には清水寺に到着し、雨天の中、舞台等を見学しました。外国からの観光客の方ともふれあいながら、子どもたちは歴史ある清水の舞台から、雨に煙る京都の町並みを眺めていました。
 昼食後、いよいよ京都市内班別タクシーグループ活動です。4〜5人のグループに別れ、自分たちの計画にそって、運転手さんがタクシーで回ってくださり、現地ガイドまでしてくださいました。
 
 雨にも負けず、金閣寺に銀閣寺、二条城に竜安寺など、見所満載の活動に子どもたちも胸を躍らせていました
 京都の『さと茂旅館』に集合後、すぐに京都タワーへ移動しました。エレベーターで展望台まで一気に上り、京都の町を一望しました。

 1階でお家の方へのお土産を買った後、旅館に戻ってボリュームたっぷりの夕食をとりました。

 そして、楽しみにしていた京漆器の加飾体験。黒漆が塗ってある小箱や写真立てに、特別な絵の具で色をつけていきました。金や銀を加えるのが特徴で、出来上がった作品はどれも煌びやかで美しいものとなりました。京都の伝統工芸を味わいつつ、思い出に残るお土産ができました。
9月27日(月) 劇団歌舞人の皆さんによる、迫力と感動の『西遊記』の観劇会が行われました
 東京の劇団「歌舞人」による『西遊記』が観劇会として演じられました。

 三蔵法師の一行と金角・銀角との戦いを、アクション・アクロバット満載、大迫力のステージが繰り広げられました。子どもたちはアクションに目が釘付けになりながらも、「仲間とは、友情とは、絆とは何か?」を考えるきっかけになったと思います。

 最後に児童会長がしっかりと感想とお礼の言葉を述べてくれました。そして、出演した皆さんが、子どもたちが退場するときにお見送りをしてくれました。

 劇団歌舞人の皆さん、子どもたちに驚きと感動と笑顔を与えてくださり、ありがとうございました。
9月25日(日) トヨタ下山工場『ふれあいフェスタ』で金管バンド・バトン部が大活躍!
 トヨタ下山工場『ふれあいフェスタ』のオープニングアトラクションとして、本校金管バンド・バトン部の演奏・演技の発表がありました。
 
 新曲が披露され、華やかで動きのある金管バンド部の演奏と笑顔はじけるバトン部の演技に、会場の雰囲気も盛り上がり、たくさんの笑顔と拍手をいただきました。

 貴重な機会を準備していただいた関係者の皆様、ありがとうございました。
9月24日(土) いよいよ陸上競技大会本番!全員が全力を尽くして大健闘!
 天王小代表選手による心のこもった選手宣誓で幕を開けた陸上競技大会。入賞した種目だけでなく、どの種目の選手も今持つ自分の力を全て出し尽くすことができました。

 スタンドでの応援していた控えの選手も、最後まで大きな声援を送り、選手を後押ししていました。

 競技に精一杯取り組む6年生の姿を見て、5年生の子どもたちは来年の大会に向けて新たな目標をもちました。

 子どもたちは、今までコーチをしてくれた先生、練習をともにし励ましあった仲間、大会まで支えてくれたお家の方への感謝の気持ちを胸に、競技に臨みました。そんな子どもたちの姿が輝く、素晴らしい大会でした。
9月23日(金) 5年生が認知症サポーター養成講座を受講しました
 「もし身近に認知症の方がみえたら…、認知症の方が困っているのを見かけたら…」
 
 そんな時に子どもたちが自分から声をかけたり、行動したりできるよう、特別養護老人ホームにお勤めの方々からお話を伺いました。

 講義を聞いた後、高齢福祉課の方からサポーターの証でもあるオレンジリングをいただきました。今後、子どもたちの思いやりあふれる行動が、このみよし市に、愛知県に広がっていくことを期待しています。
9月21日(水) 防災体験学習で5・6年生が避難袋での避難訓練を行いました
 地震や台風、それらによる火災が多く発生するこの9月。5,6年生が南館3階に設置してある避難袋を使っての避難訓練を実施しました。

 尾三消防署の方に来ていただき、火災などで避難経路が絶たれたときの最終手段として、避難袋を使用するということや避難袋での避難の仕方を教えていただきました。

 子どもたちは緊張をしながらも、器用に体を動かしながら、3階からスムーズに螺旋を描きながら降下することができました。先日の防災フェスティバル、避難訓練そして今回と、『自分の命は自分で守る』という意識をさらに高めました。
9月20日(火) 陸上競技大会に向けて激励会が行われ、全校でエールを送りました
 24日の陸上競技大会に向けて、選手激励会を行いました。金管バンド部とバトン部のリードで、三三七拍子のエールを送り、校歌を斉唱し、全校で選手に『頑張れ!』という思いを伝えました。

 選手紹介の後、代表児童が今まで一緒に頑張ってきた陸上部の仲間の思いを胸に、南部小の代表として全力を尽くしてくることを力強く発表しました。

 当日の南部小選手団の健闘を期待しています。
9月16日(金) 三好高校陸上部の皆さんが、南部小陸上部の子どもたちをコーチしてくれました
 課外活動の時間、三好高校陸上部の皆さんが来校し、本校陸上部の子どもたちのコーチをしてくれました。

 各種目に分かれ、競技をするうえでの大切なポイントについて、熱心にアドバイスをしてくださいました。

 短い時間ではありましたが、お手本となるフォームや実際に競技する姿を目の当たりにして、子どもたちはイメージをつかむことができました。具体的なトレーニング方法も教えていただいたので、残りの練習方法に取り入れ、本番に生かしていきたいと思います。
9月15日(木) 1年生が校外学習で名古屋港水族館にでかけました
 秋晴れのもと、1年生の子どもたちが名古屋港水族館に出かけ、海や川・湖の生き物をじっくり観察しました。

 イルカショーでは、最前列で水をかぶりながらも迫力あるイルカの動きを楽しんでいました。

 1年生の子どもたちは、今日の思い出をもとに、図工で楽しさいっぱいの絵を描いています。学校にお越しの際は、またご覧ください。
9月14日(水) 2年生が校外学習で、『リニア・鉄道館』を訪れ、鉄道の歴史などを学びました
 2年生が校外学習で、『リニア・鉄道館』にでかけました。


 昔の電車、現在の電車そして未来の電車の歴史が一目で分かり、実際に新幹線に乗るためのチケット購入体験、改札体験などもしました。

 リニアの客席に座り、時速500キロ体験をし、子どもたちも大興奮!リアルなジオラマに釘付けの子どももいました。

 お弁当をクラシックな電車車輌の座席で美味しくいただきました。お弁当、ありがとうございました。
9月13日(火) 4年生が東邦ガスの環境学習を受け、地球温暖化について考えました
 総合的な学習の時間の一環として、4年生が東邦ガスの環境学習を受けました。

 子どもたちは、1時間目に、DVDで今の地球が温暖化の危険にさらされている現実を学びました。

 2時間目は、天然ガスを液化したものを使って、効率の良いガスの運び方を知りました。また、燃焼させるのではなく、冷却粉砕することで、環境に影響を与えることなくリサイクル等を行えることを学びました。
9月11日(日) 市陸上競技会当日を想定した練習が行われました
 9月24日の市陸上競技会に向けて、東海学園の陸上競技場をお借りして、本番を想定した練習が行われました。

 タータンのトラックでスパイクの感触を確かめながら、リレーのバトンパス練習やハードルの感覚、踏み切り位置の確認などを行いました。当日、ベスト記録を目指して頑張ってもらいたいです。
9月10日(土) 今年度は、『三世代交流会』後に、PTA主催のバザーが開催されました
 PTAの皆さんが、時間をかけて計画し、地域の方と協力して準備を進めてきたバザーが行われました。

 12時オープンと同時に、たくさんのお客さんが来場し、買い物をされました。良い商品がお得な値段で提供され、バザーは大盛況!

 三世代交流会と併せてバザーを準備してきてくださったPTA常任委員・学年委員の皆さん、本当にありがとうございました。
9月10日(土) 『三世代交流会』で、ご家族みんなが、地域の方が笑顔で楽しい一時を過ごしました
 今日の交流会で、子どもたちは、おじいちゃん・おばあちゃん・お父さん・お母さん,地域の方とふれあうなかで、、ものづくりや昔の遊びや郷土料理など、たくさんのことを学ぶことができました。秋晴れのもと、ご家族の方皆さんが笑顔になる、あたたかい会となりました。
◆1年『昔の遊びに挑戦』

 竹馬・あやとり・お手玉・おはじき・ビー玉・けん玉・こま回しと懐かしい遊びがいっぱい。たくさんの老人会の方が講師をしていただき、おうちの方も一緒になって遊んでいただきました。

 子どもたちは、遊び方や上手に遊ぶコツを教えてもらい、試行錯誤をしながらも、夢中になって遊んでいました。
◆2年『アウトドアクッキングを楽しもう』

 炭を使った手作りオーブンを使って、家庭科室で作ったマドレーヌを焼きました。香ばしいにおいが周りにただよい、子どもたちは待ちきれない様子でした。焼きあがったマドレーヌをお家の方といっしょに食べたら、みんなにっこり。

 自然の石と身近にある木の葉を使ったオリジナルのペーパーウェイトづくりでは、親子で力を合わせて、ていねいに紙を貼り巻いていく、ほほえましい姿が見られました。
◆3年『昔懐かしいおやつを作ったり、みよしの昔話を紹介したりしよう』

 4人の地域講師の方をお招きし、みよしの郷土料理『おこしもん』づくりと、みよしの昔話をグループで発表しました。

 いろいろな型があるなか、子どもたちは自分で型を選び、おこしもんを作りました。昔話では、役になりきり、話し方を工夫しながら堂々と発表することができました。
◆4年『牛乳パックではがきを作ろう』

 美化センターの方を講師にお招きし、牛乳パックをリサイクルした紙すきに挑戦しました。

 牛乳パックをミキサーで細かくしたものではがき大の紙をすきました。その後、何度も足で踏みしめて水分をとばして、はがきを作りました。この活動を通して、子どもたちはリサイクルの大切さを実感し、総合的な学習で考える環境問題への意識を高めました。
◆5年『灰釉陶器作りに挑戦!』

 みよし猿投古窯研究会の方のお話を聞き、みよしと猿投古窯の歴史について学びました。

 その後、みよし市郷土資料館の灰釉陶器にふれ、陶器作りを行いました。研究会の方に教えてもらいながら、お家の方といっしょにひも作りでオリジナルの陶器を制作しました。一ヶ月間、学校で乾燥させた後、釉薬を塗って焼き、10月末には完成作品が子どもの元に届きます。
◆6年『和の文化に親しもう』

 切り絵、絵手紙、竹とんぼ、ちぎり絵、俳句、自作花器に分かれ、三世代で挑戦しました。

 どの講座も講師の方がていねいに、わかりやすく指導してくださり、子どもたちもお家の方も集中して制作することができました。オリジナルの味わい深い作品がたくさんでき、みなさんの満足した笑顔が印象的でした。
9月7日(水) 陸上競技会に向けて陸上部の活動が始まりました
 
 各種目、ウォーミングアップした後、基本から練習を始めました。短期間ではありますが、集中して練習に取り組み、一人ひとりがベストパフォーマンスを目指します。
9月7日(水) 『夏休み作品展』で子どもたちの力作をご覧ください
 夏休み中の自由研究や工作、手芸など、子どもたちの力作が体育館のフロアや壁に展示されています。6日には、早速保護者の方も来ていただき、熱心に作品を観てくださいました。

 展示期間は、明日8日(木)まで、時間は8:45〜11:40です。皆さんのお越しをお待ちしております。
9月6日(火) 6年生で修学旅行説明会が行われました
 親子勤労に続いて、6年生は親子で修学旅行説明会を聞きました。

 日程や留意点、保健に関するお願いなどを聞き、京都・奈良への期待を高めました。

 残り3週間、しっかりと調べ学習などをして修学旅行への準備を進めてほしいと思います。 
9月6日(火) 2・6年生の親子勤労が行われ、気持ちの良い学校になりました
 雨が心配されるなか、2・6年生の子どもたちと保護者の皆さんが校舎まわりの草刈り・草取りをしてくださいました。

 時間いっぱい一生懸命に植え込みや運動場の草を取ったり、駐車場の草を刈ったりしてくださいました。おかげで、子どもたちが元気に外遊びができるようになり、陸上部の練習にも集中して取り組めます。

 保護者の方の徹底した清掃ぶりに、子どもたちも「ここまでやるときれいになるんだ」と学んでいました。

 みなさんのおかげで、子どもたちが気持ちよく過ごせる校内環境が整備されました。保護者の皆様、環境部を中心としたPTAの皆様、ありがとうございました。
9月2日(金) 地震を想定した避難訓練を実施、子どもたちは真剣に取り組みました
 南小タイムの時間に、震度5以上の地震を想定して、避難訓練を実施しました。
 
 放課のため、子どもたちは運動場や教室など、それぞれの場所で訓練情報を聞き、落ち着いて避難場所に移動しました。上級生の子どもたちが下級生に声をかける姿も見られ、日頃の交流が生きていることを実感しました。児童が一人逃げ遅れているという想定で、捜索時間もありましたが、子どもたちは静かに落ち着いて待機することもできました。

 校長先生からは子ども用の避難袋の紹介がありました。各ご家庭でも、いざというときのための防災対策について、話し合っていただければと思います。
9月1日(木) 夏休みが終わり、学校に子どもたちの元気な声がかえってきました
 長い夏休みが終わり、9月がスタートしました。子どもたちはまだちょっぴり夏休みモードでしたが、元気に登校しました。
 
 1時間目に夏休み明けの集会を行いました。1・3・5年生の代表児童が、テストや学芸会への意気込み、昆虫観察から学んだことなど、自分のこの夏の思い出を語り、9月からどんなことに力を入れていくのか、堂々と発表することができました。

 校長先生からは、5年生の寺本さん作の南部小のマスコットキャラクター『にゃんぶ』のお披露目もありました。これから南部小学校の子どもたちや学区の皆さんに愛され、みんなをつなぐそんな『にゃんぶ』に育ってほしいです。