<平成29年度> チーム三好中!

 
平成29年度 体育祭          
 平成29年度の体育祭。
 「全盛皆笑~青空響く応援の声 全員で紡ぐ新たな伝説~」のスローガンのもと、全校生徒が熱い1日を過ごしました。当日は前日までの雨の影響で準備が心配されましたが、3年生を中心とした有志のおかげで、予定通りスタートすることができました!
 入場行進はどのクラスも体育祭にかける意気込みを見せてくれました。行進優秀賞を獲った3年3組の行進は素晴らしかったです。
 吹奏楽部の演奏、美術部の大看板も開会式を彩ってくれました。
 生徒会種目。
 網くぐりに平均台、ハードルを越えて二人三脚。障害をみんなで協力して乗り越え、ゴールを目指しました。
 初回のプログラムから応援に熱が入ります。
 全員リレー。
 クラスの全員がバトンをつなぎます。
 体育の授業で練習した成果を発揮してバトンパスをつないでいきます。スピードを落とさない、見事なバトンパスが随所に見られました。
 1年生の親子競技は玉入れ。
 たかが玉入れ、されど玉入れ。単純な競技ほど燃えます。
 大縄跳び。
 今年度からルールの変更がありました。2分間で跳べた回数の合計で勝負することになりました。
 連続で跳べた方がいいですが、ひっかかってもチャンスはあります。全員の気持ちが一つになること、縄の回し手の技術のうまさがポイントです。3年生はさすがでしたね。
 3年の学年親子競技。綱引きです。
 保護者の協力がカギでした。
 ぶらさがってるのは・・・悪あがき?
 昨年度から始まった「みよ中ソーラン」。
 今年度が真のスタートです。3年実行委員は法被を身にまとい、熱いソーラン節を披露しました。
 全体で踊るパートと縦割り団オリジナルの振りで踊るパートをつくりました。各縦割り団実行委員が動きと隊形を工夫し、「うちの踊りを見てみろ」とばかりに力を込めて踊ってくれました。
 音響装置の不具合で、生徒のみなさんには本当に残念な思いをさせてしまいました。それでも踊り続けてくれたみんなの思いに感謝です。
 体育祭のクライマックスは代表選手による400mリレーです。
 これも天気の影響で、練習時間がとれず、ぶっつけ本番の競技となりました。スタートの練習もできなかったので本番は練習時間をできるだけとるようにしました。選手のがんばりもすごかったですが、応援の生徒の声援もすごかったです。
<結果>
学年総合は1年3組、2年3組・5組(同点)、3年4組でした。
そして、縦割り団対抗は緑団の優勝で幕を閉じました。
三好中に新たな伝統をつくりあげた体育祭になりました!